あすか便り

元気なうちに終活 ~火葬~

こんにちは。月曜ブログの窪田です。

前回のブログで梅雨明けは7月21日予想と

書きましたが、やっと明けてくれましたね💦

史上初台風のない7月。

これから環境変化で気候がどのように

変わっていくのか不安しかありません。

皆様、暑さとコロナで心身共に油断できない日々ですが

一緒に乗り越えましょう!

 

元気なうちに終活

入社して早くも2カ月半が経ちました。

お客様の大切な人を一緒に送らせていただく中で

「死」が身近にあることを感じます。

そんな時、今はみんな元気だけれど

もしも、自分の家族が急に亡くなったら・・・

そういうことを考えてしまいます。

身内が亡くなると、悲しむ間もなく

「お葬式をどうするか?」

ということを2,3日の間に一気に決めないといけないし、

いろいろな準備でバタバタすると思います。

それと、どうしても費用もかさむものです。

でも時間とお金には限りがありますよね。

そう考えると、お葬式など亡くなったあとの事を

あらかじめ話し合っておくのはあまり考えたくないですが、

実はとても大切なのでは?と気付きました。

例えば結婚式の場合、何カ月も前から話し合いますよね。

お葬式と結婚式、雰囲気は全く異なりますが

同じくらい大切な時間ですし、事前に話し合っておいて

少しでも故人様やご遺族が悔いの残らない

安心して送り出せるお葬式にできたらいいなと思います。

 

事前に話し合うべきことは多くありますが、今回は一つ。

「どの葬儀会社に依頼するか」は大切なポイントだと

私個人的に感じました。

東牟婁郡・南牟婁郡には当社を含め

いくつかの葬儀社があります。

施行料金やプランも気になるところですが、

スタッフの対応や式場の雰囲気は訪ねないと

分かりにくいと思うので、

ぜひ事前相談に行ってほしいです。

いくつか相談しに行ってみて、一番いいなと思ったところに

あらかじめ絞っておくのがいいと思います。

でも、身体が悪くなってからは

それも難しくなるでしょうから

ある程度元気なうちに考えておくのがいいかもしれません。

仏事サロン明日ノ空では、事前相談を

いつでも受け付けておりますので

是非一度お越しください。※事前にお電話を頂けるとより確実です。

社長ブログでも選び方について書いてありますので

ぜひご覧ください。

葬儀屋さんの選び方

 

 

先日ご住職の法話を拝聴させていただいた時

こんな話をされていました。

「我々は明日が来るのを当たり前に思っているが、

実際はそうではない。いつ病気になるかわからないし、

事故に遭うかもわからない。朝目が覚めること、

ご飯が食べられること、毎日当たり前と思っている事にも

感謝しながら生きていきましょう。」

忙しくて日々が早送りのように感じますが、

改めて毎日の小さな幸せに感謝していきたいと思いました。

 

★葬儀豆知識 ~火葬~

東紀州 地域みっちゃく生活情報誌「からっと倶楽部」8月号

見て頂けましたか?

「la plage」というコラムを掲載させていただいております。

前回のブログでも載せきれなかった

葬儀豆知識を公開しましたが今回も光明寺様で

お話していただいた豆知識です。

 

この地域(阿田和)では先に火葬することが多いのですが、

火葬炉が少なかったり、ご遺体を長時間安置して

おけなかったからその名残が今でも続いているそうです。

ちなみに、汽車に乗って伊勢路方へいくと、

車窓から見える墓地の中にざっくりとした建物があり、

何かを載せる台がついているものが残っているのですが、

それは昔大きな火葬場が無かった時代に

地域で持っていた火葬車の名残が

屋外に置いてあるのだとか。

これはお葬式の原点 本当の姿で、

松明を投げて火をつけ火葬をする。

今ではその作法を違う形で、残っているんだそうです。

とても興味深いですね。

今日も読んでいただきありがとうございました。

次回(8/24)のブログはこちら⇩

いいお葬式 ~土葬裏話~

Share

CATEGORY

ARCHIVE