あすか便り

神棚封じについて

 

大門です、正社員になりました。ヤッタネ!!

 

相変わらず忙しいです。

 

今日は「神棚封じ」についてお話ししたいと思います。

故人様のご自宅に行くと、絶対に神棚に「半紙が張ってあること」に気づいた大門。

 

疑問に思ったので、調べてみたのですが、

「穢れ(けがれ:不幸なこと)から神様を守るため」「神様の大事な領域に穢れが行かないようにため」とか・・・

人が亡くなったという非日常の出来事を封じ、「そんな出来事なかったよ」と日常に戻す意味でもあるらしいです。

 

いろいろルールもあります。

 

 

 

神様って偉大ですね。如何に大事な存在であるかを思い知らされます。

私も神様を大事にしている身なので、ちょっとくらい宝くじ当たってもいいのではと思うのですがね・・・・

こういうことを思っていても口にしない謙虚な方の方が当選するんですよね・・・・

 

まあ宝くじ買ってないんですけどね・・・・

 

買ってない宝くじが当選して億万長者になることを夢見る大門でした。

 

来月当選予定なのでまた折り入って報告します。

Share