あすか便り

会議の本質

 

おはようございます。

 

アスカの田中です。

 

2021年になりましたが

未だにコロナ感染拡大が収まらず

素直にあけましておめでとうございますとは

言えない状況下であると思います。

 

まだしばらくはこの状況下が続くことを覚悟して

会社、個人、できる範囲の予防対策を行い取り組んで行きたいと思います。

非常事態宣言による飲食店営業自粛要請で

20時閉店になるとラストオーダーが19時。

 

もし自社が飲食業界だとして置き換えて考えてみると

本当に厳しい。

その要請を受け入れて会社を守れるのか。

本当に厳しいです。

 

凌いで耐えて頑張ってほしい。

 

コロナにおける社会変容は多岐に渡り余波が。

青山商事、400店で売り場大幅減、在宅ワークでスーツ離れ

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012000581&g=eco

本当に終息してほしい。コロナに負けるな。

 

会議は生命線

 

「あした会議」という名の全体会議が月に一度行われます。

 

この会議は報告審議をする時間であり

今アスカがどうなっているのか

各チーム最新バージョンを集め

全体でアップデートする時間になります。

 

そしてマインドを共有する大切な場です。

 

あした会議は

当社にとって生命線といっても過言ではありません。

その場かぎりの発言をしたり

急遽取り繕った報告は全く意味をなさないし

ツッコミどころ満載になります。

 

緊張感を持ちしっかり事前準備をして参加しないといけません。

 

あした会議の充実こそが当社の明日を決めます。

#上手い事言ったつもり)

 

あした会議がダメな時は

会社が良くない状態です。

 

これは直結します。

 

充実しているということは

各ミーティングが上手く循環し

チームが機能している状態です。

 

各チームリーダーのファシリテーションがとても重要になってきます。

 

多くの場所で会議が行われていると思います。

会議とは意見交換

協議報告をする場ではありますが

足並みを揃えるという大切な役割があると捉えています。

 

不確実な社会情勢

少しのズレが大きな溝を生むことにもなりかねません。

 

会社家族友人

様々なケースのコミュニケーションの中で

足並み、呼吸を合わせるための会議を意識することが

とても大切な気がしています。

 

 

 

 

 

 

当社会議サイクル

 

Share