あすか便り

お盆。紀南地方の「石碑灯籠」

 

こんにちは。月曜ブログの小松です。

この頃だいぶ気温が高くなってきましたね。

 

アスカでは今月、8月のお盆に向けての準備を始めていました。

お盆といえば夕方に玄関先で焚く「迎え火」や、きゅうりとなすで作る「精霊馬・精霊牛」が思い浮かびます。

ご先祖さまがあの世とこの世を行き来する時に乗る牛と馬を象ったお供え物です( ・∇・)

 

 

(こちらは昨年の店内写真です)

 

灯籠や提灯もいろいろな種類がありますが、紀南地方特有の灯籠がこちらの写真中央の「石碑灯籠」です。

お墓の形をしている灯籠です。

 

お盆の間戻って来られる ご先祖様・故人様に、家族と一緒に過ごして欲しいという願いが込められているそうです。

 

Share

CATEGORY

ARCHIVE