あすか便り

志事(志を成す事)

月曜ブログ担当、アスカ代表の田中です。少し長くなりましたが、宜しくお願い致します。

お葬式知識

喪服はなぜ黒いのか

平安時代から、明治30年頃まで、喪服はなんと白色だったそうです。明治維新で外国の文化を積極的に取り入れはじめてから、黒色の喪服文化が入ってきて、昭和初期くらいから一般の人々にも黒い喪服が広まったそうです。戦時中、戦死者を送る葬儀が増え、汚れやすい白ではなく、汚れの目立たない需要が増えたとされています。

 

1/31プレゼンバトル

福利厚生プレゼン大会を行いました。スタッフが3チームになり、それぞれが、自社に取り入れたい福利厚生をプレゼンします。目的は、会社ごとを自分ごとにすること、そしてアウトプットの場をつくることです。

自分たちだけでは緊張感が足りないので、審査員を、アスカのパートナー企業の5社の方に勤めて頂きました。

審査は5項目、5段階の評価

①面白さ(他にない新しい価値、オリジナル性)

②ストーリー(納得するプロセス、物語があるか)

③現実性(エビデンスがあるか)

④プレゼン力(表現力、資料作り、わかりやすさ)

⑤持続可能性(社会的意義はあるか、何をもたらすかのか)

どのチームも仕事の合間を縫って、また遅くまで残り、プレゼンを作りあげてくれました。素晴らしい内容でした。お葬式のことも、学びも、一生懸命に、夢中になることで、仕事が志事に変わります。それがワークアズライフです。仕事ではなく、志し(理念)を成す事に変わります。

審査員を務めてくれた皆様、本当にありがとうございました。そして、チームアスカのみんなも良くやってくれました。

2/2神戸出張

リクルートサイトをつくるべく、神戸はウィルスタイルさんを訪問。

サイトのイメージ、使用などを打ち合わせ。こうしたい!だけではスタートできず、お互いの思いをぶつけ合いました。笑

バチバチにいけてるサイトにします。

乞うご期待!!

今回、訪問時、お葬式のこと、アスカの取り組み等をお話して下さいと言って頂けたので、パワポ作成、プロジェクター持参し、張り切って神戸に行ってきました。笑

私は「お葬式」「アスカの理念経営」のこと、プランナーの大前さんには「チーム」の題材でプレゼンをお願いしました。

緊張しましたが、前準備もふまえ、貴重な時間となりました。資料作成することで、自社を掘り起こし、今と理想を照らし合わせ、立ち位置、やるべきを再確認。自分に語っているようでした。

やはり、アウトプットがないと学び(インプット)はありませんね。インプット→アウトプットではなく、アウトプット→インプットだなとつくづく実感しました。

アウトプットの場があると、インプットするしかないし、学びも倍速です。会議の場でもなんでも、アウトプットの場があるなしでは、全く違いますよね。機会をくれたウィルスタイルの皆様には感謝です。

大前さんの「チーム」のお話が素敵だったので、是非、木曜ブログで綴って頂きたいと思います。

2/6お燈まつり

参加してきました。

当日は朝から寒く、少し億劫になっていたのですが、白装束に縄をまくとお祭りモードになり、やる気がでてきました。

そして、お楽しみの一つ。白い食べ物たち。塩おにぎり、かまぼこ、おいなりさん等、沢山およばれしました。

この日に食べる塩おむすびはめっっちゃゃ美味しい😊

おいなりさんは、あげをひっくり返して、白色になるように工夫されていました。鹿六さんのおいなりさん、うまうまのうまでした😭

しょうま君

大松明、火付け。

歓声があがります。この瞬間、もうめっちゃそわそわします。

ここまでくれば全く寒さを感じないのが不思議。自分の松明に火をつける時も、言葉にしにくいですが、ワクワクが爆発してます。笑

先祖様も、ここで松明に火を灯し、一年の始まりを祈願してたわけですよね。それを思うと凄いことですね。令和、はじめてのおとう祭り、気持ちを込めて火を灯しました。

五穀豊穣や一年を祈願する1400年以上も前から続くお祭り^_^新宮男子の誇りですね。

ど迫力‼️

来年も登りたいです。

2/13しっとこガイダンス

新宮市役所様主催の高校生向け就職ガイダンス。まさかの、学校側から、アスカさんにも出てもらいたいと言って頂けたようで、市の職員さんが参加のご案内に来てくれていました。アスカの名前をあ挙げて頂き、感謝です。

ガイダンス用パンフレット、小松が頑張ってくれました。

山田くんには、葬祭業、アスカのお話を。

私は自社のことではなく、会社選択とお仕事の楽しさを^_^

今日お話させて頂いたこと、何かこれからのヒントになれば幸いです。

参加してくれた生徒の皆さま、運営してくれた主催の皆さま、本日はありがとうございました。

最近の読書

破天荒フェッニックス

ここ最近でめちゃくちゃHIT。メガネのオンデーズ代表の田中さん著者。ジェットコースターのような会社の軌跡が書かれてあります。あまりにすさまじく、面白く、いっき読みでした。経営の難しさ、事を為すことの大変さ。逃げだしてしまいそうなお話が沢山(T . T)

本の中で、特別印象に残る著者のメッセージがありました。なにかを選択をする場合、例えば、転職をしようか?どこの会社に就職しようか?県外にでようか?どんな服買おうか?何を食べるか?人生の中で幾千と選択の場面があります。そんな時、世の中の人が、どっちかが正解で、どっちかが間違いかのように考えすぎていると指摘。

どちらにしても、一生懸命になり、夢中になり、正解にすることが大切。運が良かったとか、タイミングがとかではなく、その人の努力次第で、その道が決まると。ものすごく共感しました。どちらを選んだとしても、ぼーっとしてたら何も成しえないと言うことですね。選んだ選択のせいではなく、全ては自分次第。自らに機会を創りだすということ。私も会社運営をするなかで意思決定の場が数多くあります。失敗の場合、それは選択の問題ではなく、ただただ努力不足です。共感すると共に、自分を戒めました。

破天荒フェニックス‼️是非❗️

Share

CATEGORY

ARCHIVE