あしあと

第二回合同供養祭・初精霊送りを開催しました(新宮市あすか斎苑)

和歌山県新宮市の葬儀会社 株式会社アスカフューネラルサプライです。

2021年8月15日に、新宮市池田の弊社式場「あすか斎苑」にて、第二回合同供養祭並びに初精霊送りを執り行いました。

 

和歌山県新宮市では、例年8月15日に市民行事として王子ヶ浜の「精霊送り」、熊野川河川敷の「水辺の灯火」が行われていますが、コロナウイルス感染予防の為、2020年に続き今年も中止となりました。

この中止を受け、2020年から当社では「あすか斎苑」にて合同供養祭並びに初精霊送りを執り行い、初盆でまつられた石碑灯籠や御飾りの提灯などを供養させて頂いております。

 

初精霊供養祭新宮市あすか斎苑

当日は、朝から雨が降り続き足元が心配でしたが、供養祭の時間には雨が止み、ホッとしました。

 

コロナウイルス感染対策として、会場入り口では、検温と手指の消毒を実施。

ご来場の皆様には、マスク着用でのご出席をお願いいたしました。

 

当日は白木位牌、石碑灯籠、提灯類をお預かりし、16時から惠雲山本廣寺ご住職のお読経が始まりました。

 

新宮市初精霊供養祭ご詠歌

16時半からは御詠歌を賜りました。

 

新宮市初精霊供養祭ご焼香

初盆供養を迎えられるご家族様や親族様は、祭壇前の焼香所にて手を合わせ、故人を偲ばれました。

密にならないよう、距離を保ちながらのご焼香にご協力いただきました。

供養祭当日は、約100組のご家族様にご来場いただきました。誠にありがとうございました。

 

Share

CATEGORY

ARCHIVE