あすか便り

コロナ対策

コロナ対策

おはようございます。

アスカフューネラルサプライ

代表の田中です。

 

毎日毎日コロナの情報が飛び交い、

ネットニュースの見出しで出てきた

「withコロナ」

という言葉が腑に落ちます。

 

毎日社内で相談、

また組合の皆さまの知見を頂きながら、

対策対応と向き合っています。

新宮市の新聞の方から

お電話があり

どのような対策をしているのかを

取材させてほしいと

ご連絡が頂きました。

 

コロナは

本当に恐ろしいことではありますが、

冷静を欠くパニックは

もっと恐ろしいことです。

 

掴みにくい実態、

感情、世の中のムードと向き合い、

冷静に恐れながら

対応したいです。

 

Web会議

きのくに葬祭事業共同組合の会議を

前々から

web会議を導入しようと

話はあがっていたものの

なかなか実現できていませんでしたが

今回コロナ対策の中で

web会議の運びとなりました。

 

対策を共有し

各会社

より強固な協力体制を

確認しました。

 

コロナは

図りしれぬ大きなダメージを

世界にあたえています。

 

コロナ前

コロナ後の世界では

様々なスタンダードが

変わってしまいそうです。

 

ソーシャルディスタンスの考え方は

終息後はどうなるのか。

 

習慣として残れば

大きく

行動変容することになりそうです。

 

もしかすると

ネット普及後

普及前のように

コロナ前

コロナ後の

話をしているかもしれません。

 

興味深いことは

withコロナでは

やり方

経験は通用せず

新しいアプローチが求められます。

 

パターンや過去事例は使えず

誰もマウントをとれません。

 

ついこの間まで

よく耳にしたモノからコトへ

体験をうたっていたモデルも

全く通用しなくなりました。

 

誰も何も本当にわからないのが

今かと思います。

 

考え方も

1ヶ月前

1週間前でさえ

変わっています。

 

弊社もwithコロナ時代に

なにを変化していけるのか

アップデート不可避な状態です。

 

冷静に焦りながら

判断していきたいと思います。

 

今回の件で

医療のオンライン化

オンライン診療が

劇的に進みそうですね。

 

5Gもそこまで来ているのいで

地域医療格差が

少しでも埋まれば嬉しいです。

 

東京一極集中も

大きく

変容していくのではないでしょうか?

 

これを機に

地域再興戦略を立てて頂きたいです。

 

 

 

 

Share