あすか便り

葬儀知識 枕飯

月曜担当、アスカ代表の田中です。

葬儀知識 枕飯とは?

山盛りにしたごはんを、茶碗に盛って、箸をたてて挿したもので、一膳飯とも呼ばれています。地方や宗派によって玄米を供えたり、箸のたて方などは違ってきます。

冥土に出かける時の弁当として、白米を山盛りにしたとか、贅沢品だった白米をお供えすることで、故人が蘇ることを期待したなど諸説はあります。この辺の地域では、そこにお味噌と塩をお供えすることが多いです。味噌も当時の贅沢品です。さらにこれも地域性ですが、ご飯に立てる箸を、塗り箸と割箸でかけ違いものを立てます。このことを私の菩提寺様は、あわててお供えしたので、白米に立てる二本の箸が違うものになり風習になったとお話していました。関東では、ご飯と団子を6個用意することが多いそうです。

新グループウェア導入

社内情報共有に何を使おうか、これまで散々悩みに悩んできましたが、一周まわってサイボウズに決断。簡単にアプリをカスタマイズできる点とコスパで採用。ずいぶんと便利な世の中になりました。導入を決めてから5人でサイボウズをasuka worksにカスタマイズ。これまで使用してたものからの全移行なので、大変な引越しでしたが、無事に完了しました。

もしこれを自社専用を作ると考えると、とんでもない費用になります。サイボウズありがたいです。恥ずかしながら、これで周回遅れのペーパーレス化がはじめまりました。変化することは、アスカの文化として育ってきたので、迅速な会社単位でのアップデートができました。少し前のニュースになりますが、渋谷区が働き方の大きなシフトを発表し、話題になりました。https://www.businessinsider.jp/post-203538

地域の行政、既存中小企業にとって、この手のアップデートは非常にハードルがあるように感じます。行政民間、手を取り合い地域単位での取り組みをできれば面白いような。新宮市からスマートワーク、スマートライフの社会実験を取りんでほしいです。

嬉しい報告

先日、お客様からこんな電話を頂きました。その日は、家族葬ホール菩提樹にてお葬式があり、昼過ぎくらいに急に雨が降ったきた日の事でした。お客様が自転車でおこしになったいたそうで、スタッフが、自転車を軒下に移動し、サドルが濡れないように、ビニール袋をかぶせていたそうです。そのことを大変に感動してくれ、わざわざ会社に、感謝の電話をかけてくれました。電話を応対したスタッフも、それを聞いた私もとびあがるほど嬉しくなりました。もちろん、自転車を対応したベテランスタッフも大喜びです。理念のプライド&ジョイを感じる瞬間です。お客様がくれた「ありがとう」が社内を駆け巡り、お休みのマネージャーもLINEでそのことを知り、対応したスタッフに「ありがとう」の電話をしたそうです。何より、そのことをわざわざお電話で伝えてくださったお客様に、最大の感謝です。ありがとうございました。

今月の一枚

何も関係ありませんが、家族葬会館東花園、支配人の松本君の素敵な写真を貼り、締めとさせて頂きます。@阿弥陀寺様付近にて。

Share

CATEGORY

ARCHIVE