あすか便り

「熊野」とは隈にてコモル

事務パートタイマーの玉置です。

 

「熊野」とは「隈にてコモル義にして山川幽深(さんせんゆうしん)樹木蓊鬱なるを以て名づく」、

鬱蒼たる森林に覆い隠されているところ。

古くから神の国といわれています。

自然崇拝の神道はやがて修験者によって、仏教の伝来と結ばれ、

神仏習合という独自の熊野権現信仰が生まれ

 

熊野三山(熊野速玉大社、熊野那智大社、熊野本宮大社)に参詣すれば、

過去の罪悪は解消され、現世のご利益も来世の極楽往生も

すべて約束されるといわれています。

 

いやいや

 

今日はそんな小難しいことを書こうと思ったのではないのです。

隈にてコモル。都からも遠く。

 

自然がいっぱい。

 

ま、まっ!これはこれで十分すぎる環境なのですが、

なんといっても芸術に触れる機会が少ない。

 

音楽、展覧会、ミュージカル、歌舞伎などの伝統芸能・・・

言い始めたらキリがありません。

 

上野へ行って絵画に触れ、

サントリーホールへ行ってオーケストラの演奏を聴いていた者には

秋でもないのに寂しくなるときがあるのです。

でも、そんな新宮市で歴史ある展覧会が

5月19日~21日まで、

第75回 『熊野美術協会展』が丹鶴体育館で開催されました。

(熊野美術協会は昭和8年に設立されたそうです。)

都会の風を感じつつ熊野の風に変化させた作風の協会員や

一般の皆様の作品を鑑賞し、存分に楽しんできました。

奇をてらう作品より、素直に表現された作品の方が

すうーっと心に入り、作品のコンセプトが感じられる気がしました。

だってここは熊野ですものね。

やっぱり自然のままがいいのかも?

Share

CATEGORY

ARCHIVE